LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

~HIRO:N 1manLIVE~ “365×6megabyte!!”

LUCID NOTE SHIBUYA

ご多分にもれず、年齢を気にされるお年頃のヒロンさん。どうやら三十って数字は、女子にとっては魔物らしい。

以前、サポートのokyonさんから、「ヒロンさんは・・・ちょっと変わってる」って聞いてたんだけれど、それほどのクセのある音楽ではなく、むしろすぐに聴き馴染める良質な音楽だった。ねちっこい唄い方をされるけれど、剥がせばキレイでサラサラな感じの歌声。そこに、脱力系で低密度なokyonさんのパーカッションの音が、うまい具合にのっかってた。

二度目のアンコール後のヒロンさんのクロージング。事務所を離れ、フリーになられて約六年。今日はそれ以来のワンマン・ライヴだったそう。音楽が大好きっていう気持ちが伝わる泣けるメッセージ。密かに感無量なアクトは、聴いてるこちらもジーンときた、良いライヴでした。