LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

美幸~アンコンディショナルラブ(東京公演・初日)

LUCID NOTE SHIBUYA

問い:今日の芝居を漢字2文字で表すなら?

//

今日は話題のお芝居へ。北沢2丁目。

二人芝居で90分間、説明セリフのオンパレード。観るものへの問いかけもナゾかけもなく、シークエンスの終わりには必ず説明が入る。ラストシーンもどうやってオチをつけるか悩んだ様子が目に浮かぶくらいの説明セリフをフル活用。で、悩んだ結果がこれかよ・・・って漢字と感じで終わる(笑)。こういうテレビ的な芝居は、本多劇場には似合わんよ。

アイドルに卑猥なセリフをこれでもかってまで言わせる演出も、ただただ下品。情緒、陰影、質感、リズム感、奥深さとか、ちょっとでも感じらたら全体の印象も変わるんだろうけど、全編通して安っぽい。大島さんの芝居も、中学生、高校生、社会人、ぜんぶ同じ。躁うつなキャラを見せたかったのか、笑いの要素を入れたかったのか、キャラがぶれまくった芝居のおかげで美幸には共感も同情も反感もできない(実はこれがナゾかけだったのか?)。こういう芝居は日本橋なら重宝されても、シモキタでは通用しないよ。アイドルをやめて女優になったそうだけれど、アイドルか女優か、それを決めるは観る側だからなあ・・・。もしも次作があるならそれに期待。それこそ顔晴ってほしいなあ。

//

答え:大根