LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

ミムラス内藤彰子 “Fragment & waves” リリースパーティー~ミムラスオールスターズ披露宴!!~

LUCID NOTE SHIBUYA

久しぶりにラジオで拾ったネタでチョイス。総勢5組の対バン。全組初聴。

//

オトコには辛口、オンナは甘口で、じゃいくよ。代沢5丁目。

ひと組目は、エガワヒロシさん。まずはストロークを。

ふた組目は、谷口崇さん。ノドをたいせつに。

さん組目は、山根万理奈さん。年間で100本近くのライヴをこなすというライヴマニア。そのわりには今まで遭遇したことがなかったのは、なんでも根城がシモキタだそうで、今日のような偶然は大切にしたいね。なりはちっちゃくて可憐だけど、ライヴは相反してズシリと重かった。かわいらしいけどうっすらと影のある歌声、丁寧で背伸びしないスタイルが人気のヒミツなのかな。おそらくまたどこかで聴けるでしょう。ちなみにご本人が選んだ山根万理奈の代表曲は今日の最後の曲、だそうだ。

よん組目は、森山公一さん。冷たいんじゃなくて、正直なんです。

と、ここまでで1時間半。メインディッシュまでが長い長い。披露宴の余興は短いほうが好かれるぞ。

で、お待ちかねのミムラス内藤彰子さん。ラジオで聴いた曲のサビがずいぶんとキャッチーなメロディで、それにまんまとキャッチされてノコノコ来てみたわけなのだが、これがまた正解。どの曲も耳に馴染みやすくて、ライブもトータルするとメロディアスなものに仕上がるという不思議。気持ちよかったなあ。これだけのメロディを書けるなら、作曲家としてもやってけそうだよなあ。いっぱい曲かいていっぱい歌ってほしい。ただザンネンなことにリリースされたCDは完売につきゲットできず。てことは、次もあるってことだな。

//

ラジオもまだまだ捨てたもんじゃないね。