LUCID NOTE LUCID NOTE | what Shibuya living in SHIBUYA have seen and felt

斎藤有太 Solo×Solo

LUCID NOTE SHIBUYA

女子率98%!!

//

ただ今絶賛休業中の矢野まきさんの歌声を聴く。六本木6丁目。

セトリはこんな感じ。

  • 1. タイムカプセルの丘
  • 2. 夜曲
  • 3. 君の為に出来る事
  • 4. 言葉にできない(with 大橋卓弥)

強烈でサスティナブルな鳥肌感。久しぶりにライヴで泣いた。三沢またろうさんのストーリーテリングなパーカッション、斎藤さんのやさしく控え目なピアノの唄伴にも泣いた。

なんで休業しちゃったのかとか、今後はどうするのかとか、知りたいことを山ほど抱えてたファンも多く居たと思うけれど、そんな邪念など一瞬で忘れさせてくれた矢野さんのあの歌声。音楽からはまるっきり離れていたわけではないようで、復活の可能性もゼロじゃない!・・・はず。待ちたいな。

大橋さんのライヴ感もすばらしかった。こんなふうに、音楽への無邪気さを素直に表現できるひとのステージは、やっぱり気持ちいいし、楽しい。

//

で、肝心の斎藤有太さん。ソロは最初と最後に一曲ずつ。オーラスの弾き語りの歌詞には別の意味で泣いた。みんなが忘れないためには必要な歌。

LUCID NOTE SHIBUYA

7か月後の石巻市内にて。波を打つ地面は津波の跡。ただし、ここは海岸から遠い街なか。