2件のコメント

  1. Shoji

    お返事、ありがとうございました。
    また、リサイタルの感想を読ませていただきました。

    正直に「正解!」と申し上げます。
    私は「音楽評論家」ではありませんし、単なる「村治佳織ファン」として、彼女の生演奏を聴きに東京近郊のイベントに通っておりますが、まさにおっしゃる通りでして・・・・

    伝わってくるパワーも薄く、更に入り込める余地も小さい。
    演奏にはミスタッチが目立ち、圧倒的なテクニックも無い。

    純粋に「クラッシック・ギタリスト」の演奏を聴きに行った方なら、きっと拍子抜けする事でしょう。

    私はいつも思う事があります。
    彼女があの外観を持ち合わせていなかったら、果たしてどの程度の集客ができるのだろうかと。

    これからも記事を拝見するのを楽しみにしております。

  2. SPC

    Shojiさん、連投ありがとうございます!(Shojiさんも、辛口っスね)
     
    いろんな感想を持たせてくれるライブが好きです。
    その空間の楽しみ方を感じ取って、それに上手に乗っかるのが楽しいのです。
    感じ取れず、乗っかることもできないときは、自分の感受性のなさを呪います。
     
    どんな楽しみ方を提案されてたのか、今回の村治さんはそれがとても難解でしたが、
    今の村治さんを知った気分にさせてくれた、という意味では、
    行ってよかったなぁって思っています。
     
    でも、いつも同じ印象ばかりのライヴをされるのであれば、
    仰る通り、せっかくの外見のアドバンテージがモッタイナイですよね。
    これからもお互いに村治さんを応援していきましょう!

コメントは受け付けていません。